×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電話応対で一番大事なこと

電話応対は初めのうちはかなり緊張するものです。私も電話応対をやり始めてすぐの時は何度もあたふたして敬語がおかしくなってしまいました(泣)

実は電話応対のコツはマニュアルを頭に叩き込むことも大切なのですが、一番大切なのは慣れです。電話応対になれて、しばらく電話に出ていないととっさの一言が出ないなどがあるので、それほど大切なのです。少々、電話応対の言葉が悪くなってしまったとしてもあせらずに丁寧にやりだんだん慣れていくことによって大丈夫になります。不安な方は家でも何度も電話応対を声に出して練習してみると良いでしょう

おすすめの電話応対のマニュアル本

私が電話応対のマニュアル本としてかなり参考になった本としては「電話応対のルールとマナー」という本です。電話応対のマニュアルというものは電話応対という仕事柄非常に気を遣い、お客様と直接的に接客する場になるので、かなり重要な場所になり必要不可欠なものなのです。

しかし、このような現場のニーズがあるにもかかわらず、電話応対のマニュアル本というものにはなかなか出会えませんでした。しかし、「電話応対のルールとマナー」著者の方の体験をベースとして電話応対の初心者の立場に立って書かれているのでとても役に立ちました^^

私はこの電話応対のマニュアル本に出会ってから電話応対がむしろお客様とのコミュニケーションができ楽しめる場所になったのです。ぜひ、電話応対のマニュアルを探している方にとって読んで欲しい本です。実際に私が、この電話応対のマニュアル本を同じ事務員のみんなに見せた時思わず注文を殺到させていましたね・∀・

英語での電話応対に苦戦している方は…

外資系の会社の電話応対をしている方はたまに外国人からの電話がかかってくるので、英語で電話応対をしなければならないですよね。英語で電話応対をするのはある程度英会話することのできる人でも緊張するものなのです。ましてや、英語に自信がない方ならば、なかなか電話応対をすることができませんよね。

もちろん、英会話学校に通うことによって英語力を上げることは英語での電話応対にとって重要です。それ以外には、英語のよく使うフレーズなどを電話のそばにおいておいて英語で電話応対すれば良いでしょう。「電話が遠いのでもう1回言ってください」などのフレーズですね。「私の英語で誤解があるといけないので一応メールもくれますか?」なんかも必要でしょう。

それと英語での電話応対は最後には開き直ってわからないふりをするのではなく正直にそう相手に伝えて、ゆっくりと英語で電話応対をすると良いでしょう。